不動産登記・商業登記・裁判関係・成年後見・各種責務の事なら鳥取県鳥取市の司法書士鳥取リーガルオフィスへお気軽にご相談ください。

 

売買

   
   不動産の売買、一生に何度もあることではありません。大きな買い物ですから後々トラブルがないよう注意深く慎重に行う必要があります。
 
 不動産というのは実に不思議なもので、一度気に入ったら、恋をしたのと同じで、どうにもならなくなります。夢が先行してしまい、客観的な判断ができなくなります。後で悔やむことにもなりかねません。
 
 一般的な不動産の売買というと、通常不動産業者に仲介をしてもらう場合が多いと思いますが、そういった売買でない場合、つまり、仲介業者を通さず、身内又は知り合い、関連会社間で売買をすることもよくあることです。
 
売買である以上、誰に対し、金○○円で売り渡しますという契約書が必要となりますし、実際にお金が動く以上、事前に登記のプロフェッショナルである司法書士に十分に相談されることをお勧めします。  また、売買といっても、相場よりあまりにも低価格で売買がなされると、税務署から贈与の認定を受けて、不動産を譲り受けた人は、贈与税を支払う羽目になったりします。司法書士は税務のプロフェッショナルではありませんので具体的な相談にはお答えできませんが、取引また相場に関する注意点等は実務上必要な知識としてアシストすることができます。 
 
 不動産業者に仲介してもらう場合は、通常「売買」となるわけですが、身内同士、関連会社での不動産の売買は、必ずしも実体上売買とならない場合があります。登記原因には売買のほか、贈与、共有物分割、代物弁済、交換等、様々な原因があり、そのメリット、デメリットをよく検討してみる必要があります。
 
当事務所では、お客様のお話を詳しく聞かせていただき、実際の内容に応じた登記を、契約書の作成からお受けしております。
qrcode.png
http://lcbank.jp/
モバイルサイトにアクセス!
006693
<<司法書士鳥取リーガルオフィス>> 〒680-0846 鳥取県鳥取市扇町69番地 ミカドビル2F TEL:0857-37-0058 FAX:0857-37-0062