不動産登記・商業登記・裁判関係・成年後見・各種責務の事なら鳥取県鳥取市の司法書士鳥取リーガルオフィスへお気軽にご相談ください。

 

債務整理・破産手続き

 
 
破産をすると戸籍や住民票に記載される?また選挙権はなくなるの?
戸籍や住民票には記載されませんし、選挙権に影響はありません。
 
友人や近所の人に知られる?
   破産すると、破産者の氏名等が官報(公の新聞のようなもの)に掲載されますが、官報は通常の書店には置いてませんので一般の人はあまり見ることはありません。また、市町村役場の破産者名簿への記載は平成17年1月施行の新破産法からなくなりました。まれに地域により他にも掲載されるものがある旨を耳にしたことはありますが、ご近所さんやご友人に知られる可能性はかなり低いでしょう。
 
破産すると家財道具など一切をとりあげられる?
   原則として、換価可能な財産はすべて手放す覚悟をしなければなりません。とはいっても、換価して債権者に配当される財産(破産財団)は、だいたい99万円(自由財産として生活必要計費の金銭として配当の必要がない)以上の換価価値のある財産にかぎられますし、さらに家財道具などの差押禁止財産は除かれます。また、破産手続開始後に取得した財産はこれに入りません。
従って、生活していくのに必要なものまでなにもかも取り上げられるというようなことは決してありません。
 
破産するにしても、家族にも知られたくない!又は決して迷惑をかけたくない・・・。
   家族であっても、保証人となっていない限り、もちろん代わりに支払う義務はありませんし、家族が現在組んでいるローンについても影響はありません。ましてや、子供が結婚や就職ができなくなるということもありません。
破産手続きをしたからといって、特に弁護士や司法書士がついている場合には、債務者本人や家族に取立を行うことはなく、(弁護士や司法書士が事件を受任したという通知を出した段階で、取り立てはほぼ止まります。ただ、悪質なヤミ金は別です。) 、従って家族に必ずしも知られるというわけではありません。
ただし、破産手続きには時間もかかりますし、財産を手放すこともありますし、用意しなければならない書類もたくさんあります。やはり、特別な事情のない限り、家族の理解を仰いで、協力してもらう方が望ましいかもしれません。
 
破産したら会社をクビになるかも?
   原則としてご自分から言わない限り、会社に知られることはありません。ただし、会社からの借入がある場合や債権者が給料の差押をしてきた場合には知られてしまう可能性はあります。また、破産手続きのためと断る必要はもちろんありませんが、必要書類によっては会社に出してもらわなければならないこともあります。
しかし、会社に知られたとしても、破産を理由に解雇することはできません。
 
破産してしまったら、いわゆるブラックリストに載るから、一生マイホームを購入できない?
破産をすると、経済的信用がなくなったとして信用情報機関に一定期間、いわゆるブラック情報として載ってしまうので、借入、クレジットカードの作成、住宅ローン等のローンを組むことができなくなります。
一定期間とは、7年前後と言われています。従って、信用が充分回復した後であれば住宅ローンにより不動産を購入することも不可能ではありません。もちろん、現金取引ならいつでも購入は可能です。
 
自分の力だけでなんとかしようと思うあまり、かえって追い詰められてはいませんか?
 
白岩LC事務所に相談してみませんか。
 
当事務所では、平日はもちろん休日もご相談に対応しております(ただし、要予約です)。
ご連絡、お待ちしております。ご依頼フォーム
qrcode.png
http://lcbank.jp/
モバイルサイトにアクセス!
006693
<<司法書士鳥取リーガルオフィス>> 〒680-0846 鳥取県鳥取市扇町69番地 ミカドビル2F TEL:0857-37-0058 FAX:0857-37-0062